検索
  • 繁良 林

2020年 岐阜県劇場管理運営技術士試験

岐阜舞協では、2012年より劇場における安全管理、専門技術を含めた劇場管理の評価制度を確立しています。この制度は組合が独自に研修などを実施することにより「岐阜県劇場管理運営技術士」を認定する仕組みです。2020年においても7月に技術認定試験が行われました。この取組によって組合員の従業員は高度な知識と技能の習得ができています。試験では実技試験として綱元実技、照明実技、音響実技、打ち合わせ実技などが行われました。実際の公共ホールで照明がつかなかったり、音響やマイクがつながらなかったりしたら大変です。少しのミスもないように、しっかりと技術を学んでいただきました。また、打ち合わせも運営技術士の大切なお仕事です。出演者や企画者がどんな意図をもっているのか、コミュニケーションを大切にしながら聞き取っていく力を身に着けていただきました。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示